商品検索

検索する

会員登録/修正
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 書籍 > 医学・看護 > 下部消化管疾患―症例からみた診断と治療指針―

下部消化管疾患―症例からみた診断と治療指針―

監修:竹本忠良
 編:岩崎有良ほか
B5判・176頁
ISBN:978-4-7644-0036-8
1996年8月5日

本書は,下部消化管疾患の日常遭遇する主要26疾患について概念から診断・治療・予後まで,最新知見を盛り込み詳述しました.消化器病に興味のある第一線の臨床医を対象としながらも,研修医,医学生などにも理解できる内容になっています.
価格 : 7,236円(税抜6,700円)
数量
 

送料:無料〜

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
1 単純性潰瘍
 1.概念
 2.病因・病態
 3.発症年齢・性差
 4.臨床像
 5.診断
  5.1臨床症状
  5.2検査所見
  5.3X線所見
 6.治療
 7.予後
 8.鑑別診断
  8.1Behcet症候群
  8.2悪性腫瘍
  8.3Crohn病
  8.4腸結核
  8.5憩室炎
 9.症例
2 ベーチェット病
 1.概念
 2.診断基準
 3.臨床症状
  3.1主症状
  3.2副症状
 4.腸管型ベーチェットの診断
 5.鑑別診断
 6.治療
  6.1内科的治療
  6.2外科的治療
 7.予後
 8.症例
 (1)手術を行った腸管ベーチェットの1例
3 絨毛腺腫
 1.大腸絨毛腺腫の定義
 2.大腸絨毛腺腫の概念
 3.好発部位ならびに発生頻度
 4.肉眼所見の特徴
 5.組織学的所見の特徴
 6.絨毛腺腫の癌化率
 7.臨床診断
  7.1臨床症状
  7.2用指検査所見
  7.3X線所見
  7.4内視鏡所見
  7.5生検所見
 8.鑑別診断
 9.治療
 10.予後
 11.症例
4 潰瘍性大腸炎
 1.概念
 2.臨床像
  2.1症状
  2.2病期,病型,重症度の分類
 3.臨床診断
  3.1診断手順の概要
  3.2内視鏡検査
 4.治療
  4.1内科的薬物療法
  4.2外科的治療
 5.大腸癌合併のSurveillanceとdysplasia
5 クローン病
 1.一般的事項
  1.1基本概念
  1.2性別,発症時年齢
  1.3病変部位
  1.4臨床像
  1.5特徴的臨床所見(X線所見,内視鏡所見)と病理組織学的所見
 2.診断と鑑別診断
  2.1診断手順
  2.2鑑別診断
 3.治療
  3.1活動期緩解導入療法
  3.2緩解維持療法
 4.予後
 5.症例
6 腸結核
 1.概念
 2.臨床像
 3.診断(結核菌の検出,X線・内視鏡診断)
  3.1結核菌の検出
  3.2X線診断
  3.3内視鏡診断
 4.治療および予後
 5.二次性腸結核症例と臨床経過
  5.1症例の一般的臨床概要
  5.2診断手順
  5.3治療と経過
7 若年性ポリポーシス
 1.概念
 2.病理,病態生理
 3.診断
 4.治療
8 家族性大腸ポリポーシス(大腸腺腫症,Gardner症候群)
 1.概念
 2.病因
 3.病理,病態生理
  3.1大腸病変
  3.2その他の病変
 4.大腸癌との関係
 5.遺伝様式
 6.臨床症状
 7.診断
 8.治療
 9.症例
9 Peutz-Jeghers症候群
 1.概念
 2.病理,病態生理
  2.1消化管病変
  2.2色素斑,その他の随伴病変
 3.症状
 4.診断
 5.治療
 6.症例
10 Cronkhite-Canada症候群
 1.概念
 2.臨床像
  2.1疫学
  2.2誘因
  2.3臨床像
 3.診断
 4.経過・予後
 5.治療
 6.症例
11 大腸早期癌
 1.概念
 2.分類
  2.1肉眼分類
  2.2深達度分類
 3.臨床像
 4.診断
  4.1大腸二重造影
  4.2大腸内視鏡検査
  4.3超音波内視鏡
 5.治療
  5.1polypectomy
  5.2腹腔鏡的大腸切除術
  5.3経肛門的局所切除
  5.4開腹手術
12 大腸進行癌
 1.概念
 2.分類とその意義
  2.1部位による分類
  2.2形態による分類
  2.3stage分類
  2.4組織分類
 3.診断
  3.1問診
  3.2腫瘍マーカー:癌胎児性抗原
  3.3直腸指診
  3.4内視鏡検査
  3.5注腸X線検査
  3.6病期診断
 4.治療
  4.1外科的治療
  4.1化学療法
  4.3放射線療法
13 アフタ性大腸炎
 1.概念
 2.吉川らのアフタ性大腸炎
 3.診断
 4.lymphoid hyperplasiaおよびアフタ様病変を来す疾患
14 虚血性大腸炎
 1.概念
 2.臨床像
  2.1病因
  2.2疫学
 3.診断
  3.1症状
  3.2X線検査
  3.3内視鏡検査
  3.4生検組織
 4.経過および予後
  4.1壊死穿孔型
  4.2一過性,狭穿型
 5.治療
  5.1一過性型
  5.2狭穿型
 6.症例
15 薬剤性腸炎
 1.概念
 2.臨床像
  2.1発生年齢
  2.2原因薬剤
  2.3発生様式
  2.4発生部位
 3.診断
  3.1症状
  3.2内視鏡検査
  3.3X線検査
  3.4糞便検査
 4.治療
 5.症例
16 赤痢アメーバ
 1.概念
 2.臨床像,診断
  2.1症状
  2.2血清学的診断
  2.3寄生虫学的検査
  2.4X線診断
  2.5内視鏡所見
 3.予後
 4.治療
 5.症例
17 直腸粘膜脱症候群
 1.概念
 2.臨床像
  2.1年齢,精査
  2.2病型分類
 3.診断
  3.1症状
  3.2X線検査
  3.3内視鏡診断
  3.4生検診断
 4.治療
 5.症例
18 腸管のう胞様気腫
 1.概念
 2.発生原因
 3.TEについて
 4.診断
  4.1症状
  4.2注腸X線所見
 5.治療
 6.症例
19 消化管カルチノイド
 1.概念
 2.疫学
 3.病理
  3.1肉眼所見の特徴
  3.2病理組織学的特徴
 4.症状,症候
 5.診断および鑑別診断
  5.1画像診断
  5.2食道カルチノイド
  5.3胃カルチノイド
  5.4十二指腸カルチノイド
  5.5小腸・結腸・直腸カルチノイド
 6.治療
 7.予後
 8.症例
20 腸閉塞(Ileus)
 1.概念
 2.分類
  2.1機械的イレウス
  2.2機能的イレウス
 3.病態生理
 4.診断
  4.1既往歴
  4.2臨床症状
  4.3画像診断
 5.治療
  5.1イレウスの保存的治療
  5.2イレウスの保存的治療の限界
  5.3手術の適応
  5.4手術術式
 6.症例
21 腸重積症
 1.概念
 2.臨床診断,鑑別診断
 3.診断までのプロセス
 4.治療
 5.予後
 6.症例
22 S状結腸軸捻転症
 1.概念
 2.臨床像
 3.診断
 4.治療
 5.症例
23 過敏性腸症候群
 1.概念
 2.臨床像・診断
  2.1消化器症状
  2.2全身性の自律神経症状,精神症状
 3.心理診断
  3.1単なる心配状態
  3.2不安・緊張タイプ
  3.3心気症タイプ
  3.4抑うつタイプ
  3.5転換反応タイプ
  3.6強迫タイプ
  3.7精神病様反応タイプ
 4.経過・予後について
 5.治療
 6.症例
24 神経性食欲不振症
 1.概念・定義
 2.臨床像
 3.診断
 4.経過・予後
 5.治療
 6.症例
25 Zollinger-Ellison症候群
 1.概念と歴史
 2.病理
 3.病態生理
 4.臨床症状
 5.検査所見
  5.1上部消化管X線造影および内視鏡検査
  5.2空腹時血中ガストリン値
  5.3胃液検査
  5.4負荷試験
  5.5腫瘍の局在診断
 6.診断
 7.治療
  7.1内科的治療
  7.2外科的治療
 8.予後
 9.症例
26 WDHA症候群
 1.概念
 2.臨床像診断
  2.1症状と徴候
  2.2確定診断
  2.3血中VIP濃度の測定
  2.4局在診断
 3.鑑別診断
 4.治療
  4.1基本方針
  4.2全身管理
  4.3手術療法
  4.4転移を有する症例の治療
 5.経過と予後
 6.症例

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ