会員登録/修正
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 書籍 > 教科書におすすめ > 現代人のからだと心の健康―運動の意義と応用―
書籍 > 健康・スポーツ科学系 > 運動生理学 > 現代人のからだと心の健康―運動の意義と応用―

現代人のからだと心の健康―運動の意義と応用―

編:平木場浩二
B5判・184頁
ISBN:978-4-7644-1081-7
2006年3月10日

本書は,運動と健康とのかかわりを中心題材として扱い,大学におけるスポーツ・健康科学の講義用のテキストとして作成したものです.運動と健康に関する最低限度のエッセンスの抽出に留めましたが,運動と健康に興味ある方々も是非一読いただければ幸いです.
価格 : 2,700円(税抜2,500円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れるすぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
序章 平均寿命と健康寿命のギャップ?
1章 現代社会における健康問題
 1 自己家畜化
  1.肥満化
  2.性成熟の早期化
  3.長寿化
  4.虚弱化
  5.異常心理(行動)
 2 概日リズム(サーカディアンリズム)の乱れ
  1.概日リズム(サーカディアンリズム)とは
  2.サーカディアンリズムを崩す「人工のリズム」
  3.体内リズムの乱れによる健康問題
 3 ヒトは歩かなくなった―重力下での直立二足歩行の重要性―
  1.重力下の直立二足姿勢・直立二足歩行に適応した身体の形態および生理的機能
  2.重力下での身体運動(歩行)の重要性―無重力下での宇宙飛行士の生理的変化から―
 4 健康ブームの背景とその危惧
  1.日本人の健康が悪化したのだろうか
  2.健康不安の増大
  3.健康ブームの到来
  4.成人病から生活習慣病への概念的転換がもたらしたもの―生きる意味の同一化―
 5 健康概念の変容
  1.「病気の反対概念としての健康」から「充実した生き方としての健康」へ
  2.病気・死の立場を包含した「生き方」としての健康
2章 運動と身体の健康
 1 運動時のエネルギー供給のしくみ
  1.アデノシン三リン酸
  2.エネルギー供給系
 2 運動時における骨格筋線維の動員
  1.筋線維タイプとその特徴
  2.運動時における筋線維の動員
 3 運動トレーニングに対するからだの適応
  1.筋力トレーニングに対する筋・骨格系の適応
  2.持久性トレーニングに対する呼吸循環系の適応
  3.持久性トレーニングによる代謝系の適応
 4 運動による生活習慣病の予防と軽減
  1.メタボリックシンドローム
  2.高血圧症
  3.糖尿病
  4.高脂血症
  5.虚血性心疾患
 5 運動処方の基礎と実際
  1.運動処方の基礎
  2.運動処方の実際
3章 肥満と健康
 1 肥満の定義とその判定方法
  1.肥満の定義
  2.肥満の判定
  3.体密度法
  4.体水分量法
 2 肥満の種類とその成因
  1.肥満の種類
  2.肥満の成因
 3 脂肪細胞の不思議と肥満の病理
  1.脂肪細胞の不思議
  2.肥満の病理
 4 肥満解消のための運動処方の実際
  1.体重の変化とエネルギー収支バランス
  2.運動処方の実際
4章 運動と心の健康
 1 現代社会と心の健康
  1.健康観と心の健康
  2.現代社会と心の病気
 2 ストレスと健康
  1.ストレスのメカニズム
  2.ストレスへの対処方法
 3 運動の心理的効果
  1.ストレスと感情に及ぼす運動の効果
  2.パーソナリティに及ぼす運動の効果
  3.心理的効果のメカニズム
  4.心理的効果に関する国際機関のガイドライン
 4 運動に及ぼす心の影響
  1.情動と運動
  2.注意集中と運動
  3.イメージと運動
 5 運動・スポーツの動機づけ
  1.運動と動機づけ
  2.運動場面の目標設定
  3.目標志向性と運動行動
  4.運動場面の原因帰属
5章 運動とトータルフィットネス
 1 日常での運動(トレーニング)
  1.運動(トレーニング)の必要性
  2.具体的な運動(トレーニング)
  3.効果的なストレッチ方法
  4.ウォームアップ
  5.運動(トレーニング)後のコンディショニング
  6.運動(トレーニング)プログラム
 2 健康・体力を支える食生活
  1.食生活指針とその内容
  2.運動(トレーニング)と食事の関係
 3 休養のあり方
  1.消極的休養―効果的な睡眠について―
  2.積極的休養―疲れを残さずリフレッシュする―
  3.運動(トレーニング)と生体リズムの関係

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ