2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

トップ > 書籍 > 健康・スポーツ科学系 > 子ども/運動遊び > 子どもに「体力」をとりもどそう―まずはからだづくりだ!―

子どもに「体力」をとりもどそう―まずはからだづくりだ!―

著:宮下充正
A5判・112頁
ISBN:978-4-7644-1092-3
2007年7月10日

「学力と体力」どちらが重要か.比較すべきものではありませんが,子どもに体力がなければ,長い人生をたくましく生きていくことはできません.「体力あっての学力」であり,本書では,身体活動能力の発達や体育の重要性を述べてあります.
価格 : 1,540円(税抜1,400円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
1章 子どもの運動不足は,世界的傾向か?
 1.フィンランドの青年の体格と体力の30年間の推移
 2.子どもの歩数の国際比較
 3.学業と身体運動実践
 4.どんな時間帯に,子どもは歩くのか
 5.通学手段と体力
 6.中国西安市の子どもの運動実践調査
2章 身体活動能力の発達
 1.身体活動の結果を生み出す能力:「体力」と「技術」
 2.練習しなければ身につかない「技術」
 3.成長とともに増強するはずの「体力」
 4.無限の可能性を秘めた子どもの身体活動能力
 5.“あるべき姿”と“ありたい姿”へと導く教育
3章 からだを育むこと(体育)の重要性を考え直そう
 1.馬の短い成育期間と人間の長い成育期間
 2.手厚い親の保護が不可欠
 3.「身体運動の科学」の重要性
 4.運動生理学の役割り
 5.自分の行動を直接つかさどる筋肉
 6.21世紀は筋肉の時代
4章 運動指導者の役割り
 1.たくみさは練習しなければ獲得できない
 2.スポーツ指導者の養成
 3.運動指導者に必要な科学的態度
 4.運動指導者の再教育
 5.立派な施設と優れた指導者
 6.子どもの適応能と指導者の役割り
5章 発育盛りにたくみな動きを身につけさせる
 1.子どもに運動実践を促す
 2.子どものからだの成長段階
 3.幼児期に発達の著しい神経系の働き
 4.七五三の祝い
6章 基本動作の発達
 1.泳 ぐ
 2.走 る
 3.跳 ぶ
 4.投げる
 5.け る
7章 たくましさの育成
 1.中央教育審議会の中間報告
 2.たくましい日本人
 3.たくましさを鍛える難しさ
8章 人間の能力に及ぼす遺伝と環境の相互作用
 1.多因子遺伝の複雑さ
 2.動物実験にみられた遺伝
 3.水泳にみられる問題の複雑さ
 4.東大卒vs芸術系大学卒と東大運動部員vs体育系大学運動部員
 5.筋線維タイプにみられる遺伝的個人差
9章 親と教師のためのからだづくり
 1.高学歴の人はよく歩く
 2.フィットネスとは
 3.加齢ととともに衰え,運動すれば回復する運動能力
 4.運動とは重力に抗してからだを動かすこと
 5.私たちが行なう動作は3種類ある
 6.どんな運動をすればよいのか
 7.「1に運動2に食事,しっかり禁煙,最後にクスリ」
 8.手軽にできるウォーキングと水中運動
 9.運動するときに注意すべきこと
 10.減量は運動と食事の組み合わせで
 11.少子高齢社会構成員に求められること

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ