商品検索

検索する

会員登録/修正
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 書籍 > 医学・看護 > 骨盤腫瘍の外科療法

骨盤腫瘍の外科療法

編:鳥山貞宣
著:大幸俊三
B5判・176頁
ISBN:978-4-7644-0032-0
1995年8月1日

骨盤に発生する腫瘍は良性であっても巨大な腫瘍を形成し,容易な手術とは言い難く,合併症の多い手術のひとつであります.本書は手術サンプルを箇条書に,写真・図でわかりやすく記載してあります.研究と効率のよい手術に役立てていただければ幸いです.
価格 : 8,964円(税抜8,300円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れるすぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
1 骨盤部の解剖(機能解剖)
2 骨盤部の特徴
3 骨盤部腫瘍の発生頻度
4 術前検査
5 術前管理
6 術前療法
7 手術器具
8 術前準備
9 手術体位
10 手術進入法
 10.1前方進入法
 10.2前外側進入法
 10.3前内側進入法
 10.4外側進入法
 10.5後外側進入法
 10.6後方進入法
 10.7前方後方併用進入法
 10.8前方外側併用進入法
11 手術方法
 11.1掻爬術と再建術
 11.2切除術と再建術
 11.3片側骨盤離断術
12 手術術式
 12.1仙骨腫瘍の切除術
 12.2仙腸関節部腫瘍の切除術(経腸骨進入法)
 12.3臼蓋,恥骨,坐骨腫瘍の切除術
13 寛骨および仙骨切除後再建術
 13.1再建なし
 13.2骨移植術(関節固定)
 13.3腸骨大腿骨固定術
 13.4人工寛骨置換術
 13.5脊椎固定術
14 症例供覧
 14.1骨腫瘍および骨腫瘍類似疾患
 14.2軟部腫瘍
 14.3リンパ節転移
15 術中合併症
16 術後合併症
17 予後

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ