2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 書籍 > 医学・看護 > 登山の医学ハンドブック 改訂第2版
書籍 > 野外教育 > 登山の医学ハンドブック 改訂第2版

登山の医学ハンドブック 改訂第2版

監修:松林公蔵
四六判・296頁
ISBN:978-4-7644-0067-2
2009年9月1日

本書は,山で病気やケガになった時の解決手段として,「登山中に発病し得る疾患」や「救急処置法」などの治療法・手当法を,登山に習熟した臨床医がわかりやすく解説しています.
改訂では新たな医学的知見が得られている領域を刷新しました.
価格 : 2,376円(税抜2,200円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
I 登山医学概論〜山で体をこわさないために〜
 1.山に入る前に
 2.山に入ってから
 3.心掛け一つで予防し得る山での諸傷害
II 登山中に起こり得る症状
 1.非特異的症状
 2.呼吸器系の症状
 3.循環器系の症状
 4.消化器系の症状
 5.神経系の症状
 6.整形外科的症状
III 登山中に発病し得る疾患
 [1]非外傷性疾患
  1.呼吸器系の疾患
  2.循環器系の疾患
  3.消化器系の疾患
  4.神経系の疾患
 [2]外科的な疾患
  1.骨折ならびに整形外科的疾患
  2.熱 傷
  3.頭頚部外傷
  4.胸部外傷
  5.腹部外傷
  6.軟部組織外傷
 [3]歯科口腔外科的疾患
 [4]環境要因による疾病
  1.凍 傷
  2.低体温
  3.熱中症と横紋筋融解症
  4.紫外線障害(日焼け,雪盲)
  5.高山病(国内山行を想定)
 [5]救急概論
  1.緊急度の判断
  2.山で救急蘇生法を行う際の注意点
  3.心肺蘇生
  4.応急手当
  5.AEDの適応と使用法
IV 疾病を持っている人の登山における注意
 1.高血圧症
 2.糖尿病
 3.呼吸器系の疾患
 4.胃・十二指腸潰瘍
 5.虚血性心疾患
 6.脳卒中後遺症
 7.腎臓病
 8.手術後の登山
 9.がん
 10.妊娠と登山
 11.小児疾患
 12.小中高校生の集団登山における注意
V 中・高年登山における注意
 1.中・高年登山と山岳遭難事故
 2.加齢と慢性疾患
 3.メディカルチェックの意義
 4.中・高年登山者のための備忘録
 5.「登山者検診ネットワーク」のたちあげ
VI 国内登山に携行したほうがよい医療器材と医薬品
 1.医師が随行しない場合
 2.医師が随行する場合
 3.登山で有効な漢方薬
VII 登山における栄養をめぐる諸問題
 1.エネルギーと水分補給
 2.サプリメント(栄養補助食品)
VIII 海外登山とトレッキング医学
 [1]高所医学総論
 [2]高所医学各論
  1.高山病とは何か
  2.高所肺水腫
  3.高所脳浮腫
 [3]高所登山・トレッキングの一般的な注意
 [4]高所トレッキングの注意
 [5]旅行中飲料水の安全確保
 [6]海外遠征に携行すべき薬剤選択
 [7]高山病の治療
 [8]レスキューと国際搬送
 [9]高山病予防概論
  1.高所順応トレーニングの意義と効果
  2.高山病の予防法

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません