2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

トップ > 雑誌 > 保健の科学 > 55巻 > 11月号 > 保健の科学55巻11月号「大規模災害への備え−東日本大震災の経験を通して−」

保健の科学55巻11月号「大規模災害への備え−東日本大震災の経験を通して−」

保健の科学55巻11月号
2013年11月
価格 : 1,188円(税抜1,100円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

巻頭のことば

医療制度改革に期待する

    清水嘉与子(日本訪問看護財団理事長)

特集 大規模災害への備え

    ―東日本大震災の経験を通して―

東日本大震災対応の経験からみえてきた今後のとるべき大規模災害対応への取り組み

    石井  正(東北大学病院総合地域医療教育支援部,

           宮城県災害医療コーディネーター,石巻赤十字病院病院長特別補佐)

医療施設の震災対策

 ―建築的な視点―

    筧  淳夫(工学院大学建築学部建築デザイン学科教授)

災害拠点病院としての取り組み

    高里 良男(国立病院機構災害医療センター院長)

大規模災害時の「こころのケア」への備え

 ―急性期を中心に―

    望月聡一郎(東京医療保健大学大学院看護研究科准教授,前厚生労働省現地復興対策本部,厚生労働省東北厚生局

          企画調整課復興支援室長補佐,こころのケア推進調整官)

日本赤十字社における看護職としての救護活動への備え

    二宮加惠美(日本赤十字社事業局看護部看護管理・教育課長)

自衛隊病院としての取り組み

    後藤 達彦(自衛隊中央病院副院長兼企画室長)

    則武 政彦(自衛隊中央病院企画副室長)

    加鵝‐一(自衛隊中央病院長)

特殊災害に備えた医療関係者の研修システム

    富永 隆子((独)放射線医学総合研究所REMAT医療室医長)

連載 職場における健康管理

パワーハラスメント問題の動向と企業の対策

    古谷 紀子(株式会社クオレ・シー・キューブ取締役)

連載 在宅緩和ケアにおける看護師の挑戦

    ―残された時間を在宅で過ごす患者・家族を支えるために―

在宅緩和ケア看護教育プログラムの試み

    林  直子(聖路加看護大学教授)

連載 多職種連携による食育

虚弱予防を目的とした高齢男性の自主グループによる調理教室

    川畑 輝子(女子栄養大学栄養科学研究所)

    武見ゆかり(女子栄養大学大学院教授)

フィールド・レポート

1日5回の分割食の実施可能性

 ―行動学,栄養学視点からの検討―

    水谷 美咲(四日市市立港中学校)

    片山 靖富(皇學館大学教育学部)

    長尾 陽子(皇學館大学教育学部)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ