2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 雑誌 > 保健の科学 > 51巻 > 3月号 > 保健の科学51巻3月号「転倒の科学−高齢者の転倒を予防するには−」

保健の科学51巻3月号「転倒の科学−高齢者の転倒を予防するには−」

保健の科学51巻3月号
2009年3月
価格 : 1,188円(税抜1,100円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
内容
マンション住人の高齢化に思う 清水嘉与子
日本訪問看護振興財団理事長
特集 転倒の科学―高齢者の転倒を予防するには―
高齢者の身体特性 鈴木 隆雄
東京都老人総合研究所副所長
高齢者の自立活動に必要な体力基準 藤本 繁夫
大阪市立大学大学院医学研究科運動生体医学教授
中雄 勇人
大阪市立大学大学院医学研究科研究生
三村 達也
大阪産業大学教養部客員講師
桂  良寛
大阪市立大学大学院医学研究科大学院
上田 真也
大阪市立大学大学院医学研究科大学院
臼井 達也
大阪市立大学大学院医学研究科大学院
吉川 貴仁
大阪市立大学大学院医学研究科運動生体医学講師
ヒトはなぜ転ぶのか?―高齢者の歩行の特徴と転倒の要因― 中馬 孝容
滋賀県立成人病センターリハビリテーション科副部長
在宅生活高齢者の転倒関連因子についてのレビュー―メタアナリシス手法を用いて― 上野めぐみ
順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ医学研究室協力研究員
河合 祥雄
順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ医学研究室教授,順天堂大学医学部循環器内科
三野 大來
順天堂大学医療看護学部非常勤講師
鴨下  博
財団法人 東京都保健医療公社 多摩北部医療センターリハビリテーション課部長
高齢者の転倒発生と身体的要因―体力との関連― 畑山 知子
九州大学ユーザーサイエンス機構技術補佐員
熊谷 秋三
九州大学健康科学センター教授
2足歩行ロボットの転倒回避のテクノロジー 梶田 秀司
(独)産業技術総合研究所知能システム研究部門ヒューマノイド研究グループ長
地域における転倒予防を目的とした運動指導 高杉紳一郎
九州大学病院リハビリテーション部講師
禰占 哲郎
九州大学病院リハビリテーション部作業療法士,技師長
河野 一郎
九州大学病院リハビリテーション部理学療法士,副技師長
上島 隆秀
九州大学病院リハビリテーション部理学療法士
増本 賢治
九州大学健康科学センター日本学術振興会特別研究員
岩本 幸英
九州大学整形外科教授
転倒予防運動プログラムにおける脱落者の特性 永富 良一
東北大学大学院医工学研究科健康維持増進医工学研究分野教授
牛  凱軍
東北大学大学院医工学研究科健康維持増進医工学研究分野准教授
小鴨 恭子
東北大学大学院医学系研究科運動学分野大学院生
連載 栄養指導の現場から
保育所給食における食物アレルギー対応の工夫 川村 千波
聖徳大人文学部人間栄養学科助教
恩田 理恵
聖徳大学人文学部人間栄養学科准教授
調査・研究
照度の違いが運動時の生理反応,主観的運動感覚に及ぼす影響 橋本  勲
中京女子大学
斉藤  満
豊田工業大学
 
ページトップへ 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ