2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

トップ > 雑誌 > 保健の科学 > 48巻 > 5月号 > 保健の科学48巻5月号「食の情報とリスクを考える」

保健の科学48巻5月号「食の情報とリスクを考える」

保健の科学48巻5月号
2006年5月
価格 : 1,100円(税抜1,000円)
数量
 

送料:無料〜

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

巻頭言

介護保険法が改正された

    豊川 裕之(東京栄養食糧専門学校校長・理事)

特集 食の情報とリスクを考える

食品安全のリスクアナリシスとは

    関澤  純(徳島大学総合科学部教授)

食品安全委員会の役割と今後の課題

    島田 和彦(内閣府食品安全委員会事務局評価課)

リスク管理機関の役割

    藤井  充(厚生労働省大臣官房参事官(医薬食品担当))

コミュニケーション:リスクを伝える

    吉川 肇子(慶應義塾大学商学部助教授)

リスク管理のためのトレーニング

    田崎 陽典((株)電通パブリックリレーションズ コーポレート・コミュニケーション・コンサルティング室シニア・コンサルタント)

マスメディアが伝える食と健康情報

 ―新聞報道の実態と問題点―

    赤松 利恵(お茶の水女子大学生活科学部講師)

テレビが伝える食と健康のリスク

    柄本三代子(東京国際大学人間社会学部)

食のベネフィットとリスク

    丸井 英二(順天堂大学医学部公衆衛生学教室教授)

連載 保健師活動の前線

ヘルスプロモーションの実現をめざす健康教育

    滝澤 寛子(公立大学法人 滋賀県立大学人間看護学部講師)

連載 現代社会と精神保健

ADHD(注意欠陥/多動性障害)

    池上 雅子(筑波大学心理・心身障害教育相談室非常勤相談員)

連載 栄養指導の現場から

PBL学習と栄養指導を併用した健康教室

 ―大学と市町村との連携した健康づくり―

    藤田 修三(青森県立保健大学健康科学部教授)

連載 海外情報

U.S.A.関係 MMWRより(151)

 ・西ナイルウイルス感染症に関するサーベイランス,予防およびコントロールの能力評価

 ―合衆国,1999年と2004年―

    坂本なほ子(順天堂大学医学部公衆衛生学教室助手)

調査・研究

訪問看護のストレスに関する研究

 ―訪問看護に伴う負担と精神健康状態(GHQ)および

 首尾一貫感覚(SOC)との関連について―

    小林 裕美(日本赤十字九州国際看護大学地域看護学講師)

    乗越 千枝(鳥取大学医学部保健学科地域・精神看護学講座講師)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ