2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

トップ > 雑誌 > 保健の科学 > 55巻 > 4月号 > 保健の科学55巻4月号「 地域における緩和ケア(在宅緩和ケア)」

保健の科学55巻4月号「 地域における緩和ケア(在宅緩和ケア)」

保健の科学55巻4月号
2013年4月
価格 : 1,188円(税抜1,100円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

巻頭のことば

日本の小児がん対策の最近の動き

    上別府圭子(東京大学大学院教授)

特集 地域における緩和ケア(在宅緩和ケア)

わが国における緩和ケアの潮流

    武田 文和(埼玉医科大学客員教授)

地域における緩和ケア

 ―行政の動向と試み―

    加藤 雅志(国立がん研究センターがん対策情報センターがん医療支援研究部長)

緩和ケア普及のための地域プロジェクト(1)

緩和ケア普及のための地域プロジェクトで使用した評価尺度

    佐藤 一樹(東北大学大学院医学系研究科保健学専攻緩和ケア看護学分野助教)

    宮下 光令(東北大学大学院医学系研究科保健学専攻緩和ケア看護学分野教授)

    森田 達也(聖隷三方原病院緩和支持治療科部長)

緩和ケア普及のための地域プロジェクト(2)

緩和ケア普及のための地域プロジェクト(OPTIM-study)の効果

    森田 達也(聖隷三方原病院緩和支持治療科部長)

施設から地域へ

 ―移行期のケア―

    山内 真恵(武蔵野赤十字病院医療連携センター看護係長)

“家で死ねる街づくり”をめざして―在宅ホスピスの現状と課題―(1)

在宅ホスピス・パリアンの働き

    川越  厚(医療法人社団パリアン理事長,クリニック川越院長)

“家で死ねる街づくり”をめざして―在宅ホスピスの現状と課題―(2)

在宅緩和ケアと訪問看護

    川越 博美(医療法人パリアン看護部長)

“家で死ねる街づくり”をめざして―在宅ホスピスの現状と課題―(3)

家族の立場から

 ―家族の絆と家での看取り―

    金 安代

連載 職場における健康管理

健康診断の重要性

    高橋 英孝(東海大学医学部基盤診療学系健康管理学教授,東海大学八王子病院健康管理センター長)

連載 子どものための復興支援を考える

復興に向けて活動する東北の子どもたち

    新田新一郎(子どもの笑顔・元気プロジェクト代表)

連載 実践栄養学の航跡

腎臓病患者の食事

    山下 光雄(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員)

    小熊 祐子(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター・大学院健康マネジメント研究科准教授)

調査・研究

ウズベキスタン共和国における地域の健康課題と地域診療所で働く

 看護職の役割

    桜井 礼子(大分県立看護科学大学広域看護学講座)

    小林 敏生(広島大学大学院医歯薬保健学研究室統合健康科学部門)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ