商品検索

検索する

会員登録/修正
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 書籍 > 公衆衛生 > 地域保健の原点を探る−戦後日本の事例から学ぶプライマリヘルスケア−
書籍 > 医学・看護 > 地域保健の原点を探る−戦後日本の事例から学ぶプライマリヘルスケア−

地域保健の原点を探る−戦後日本の事例から学ぶプライマリヘルスケア−

編著:中村 安秀
 著:石川 信克
   佐藤  寛
   大石 和代
   坂本真理子
   小川寿美子
   當山 紀子
A5判・192頁
ISBN 978-4-7644-0538-7
2018年7月20日

 1978年,WHOによってアルマ・アタ宣言が採択され,プライマリヘルスケアという理念のもと,「健康」が基本的人権と位置づけられました.
 本書は,戦後日本に焦点をあてて,当時死因の大半を占めていた結核への対策,衛生や効率を考慮し生活に取り入れた生活改良普及員,自宅分娩が当たり前だった頃の開業助産婦,全戸訪問によってだれひとり取り残さなかった開拓保健婦,沖縄独自の介輔,赤ちゃんの死亡率をゼロにした母子保健の歴史等を紹介しました.プライマリヘルスケアの意味を直感的に感じ取ることができる1冊です.
 本書が,日本の未来,途上国での応用を考える羅針盤となれば幸いです.
価格 : 2,592円(税抜2,400円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れるすぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
第1章 プライマリヘルスケアとは何か
 1.プライマリヘルスケアとは何か
 2.戦後日本の公衆衛生
 3.プライマリヘルスケアからみた戦後日本の地域保健活動
 4.温故知新−なぜ過去との対話が必要なのか−

第2章 戦後日本における結核対策
 1.日本における結核
 2.結核対策における保健師の役割
 3.結核予防婦人会の創設と展開−住民参加−
 4.患者同盟と朝日訴訟−当事者参加−

第3章 生活改良普及員による健康改善
 1.戦後日本の農村
 2.農村民主化と農業改良普及制度
 3.農家女性労働の軽減−かまど改善−
 4.栄養改善と料理教室
 5.環境衛生−簡易水道,立ち流し,便所の普及−
 6.農繁期の健康対策−共同炊事,共同保育−
 7.家族計画講習会
 8.生活習慣の改善努力と快適な睡眠
 9.広範囲への普及と行政とのシナジー−相乗効果−

第4章 長崎県離島の開業助産婦
 1.開業助産婦とは
 2.長崎県離島の開業助産婦
 コラム 助産技術向上のために
 コラム 開業助産婦の報酬と経済状況
 コラム 嘱託医との連携

第5章 開拓保健婦の足跡
 1.開拓保健婦制度とは
 2.開拓保健婦はどんな存在だったのか
 3.開拓保健婦が行った実態把握
 コラム 農夫症とは
 4.開拓保健婦が取り組んだ生活改善
 5.開拓保健婦の足跡から学ぶもの

第6章 戦後沖縄の地域保健−人材確保と定着化をめざして−
 1.第1期:戦後の保健医療事情とUSCARの取り組み
 2.第2期:日本復帰後の特別措置による諸制度の存続
 コラム 「公看魂」とは何か
 3.第3期:市町村行政主導期の地域保健法のもとで
 4.沖縄の経験の現代的意義
 5.偶然か必然か−USCARの志−
 6.コミュニティ変容への対応

第7章 戦後日本における母子保健
 1.戦後から現代における乳児と妊産婦死亡率の現状
 2.母子保健水準向上への取り組み
 コラム 母子健康手帳を多くの国で活用する

第8章 温故知新−過去と対話し未来を開拓する−
 1.戦後日本の保健医療経験を途上国に応用する
 2.改善経験を途上国に応用する
 3.日本の保健医療の軌跡は格差社会への対策につながるのか
 4.過去と対話し,未来を拓く

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ