2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

トップ > 書籍 > 健康・スポーツ科学系 > バイオメカニクス > 歩行のニューロリハビリテーション 第2版  -歩行再獲得のための理論と臨床-
書籍 > リハビリ > 歩行のニューロリハビリテーション 第2版  -歩行再獲得のための理論と臨床-

歩行のニューロリハビリテーション 第2版  -歩行再獲得のための理論と臨床-

著:中澤公孝
B5判・192頁・図表132点
ISBN:978-4-7644-0073-3
2019年10月10日

本書は,初版から変わらぬコンセプトとして,歩行機能の再獲得をめざしたニューロリハビリテーションの理論的基盤,つまり中枢神経の可塑性とヒトの直立二足歩行に関する神経科学,その最新の知見をまとめた理論書です.実際のリハビリテーションとして,トレッドミル歩行トレーニングや装具歩行トレーニングの例は,いずれも理論的基盤に立脚した実践例を述べています.
本改訂では,理論では,筋シナジーの詳細な解説と,その活動度が解読できることを示し,脊髄CPGとヒトのステッピングの生成の可能性にかかわるニューロモジュレーションについて解説しました.さらにこれに関係するパラアスリートの脳研究も,中枢神経再編を誘導するメカニズムと効率的誘導法開発につなげる研究が今まさに必要との認識から,新たな章を設けてまとめました.
臨床では,従来の歩行補助装置やトレッドミルを使ったトレーニングに加え,ノルディックウォークのリハビリテーションへの応用可能性や,水中ポールウォーキングの効果も解説し,外骨格型歩行装具についても新しく紹介しました.
本書が歩行の再獲得とニューロリハビリテーションの研究に興味を持つ多くの読者の知的好奇心に応え,研究・臨床の現場で,成果をあげるための論拠となることを意図しています.
また,Coffee Breakとして,著者の思索や体験を交えた話を章末に盛り込んでいますので,楽しく読んでいただければ幸いです.
価格 : 2,970円(税抜2,700円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
第1章 直立二足歩行のバイオメカニクス的特徴と神経制御
 1.直立二足歩行の発祥
 2.直立二足歩行のバイオメカニクス
  1)直立二足歩行中の床反力
  2)歩行中の下肢関節の動き
  3)歩行中の筋と腱の動態
  4)歩行中の下肢関節モーメント
  5)歩行のゆらぎ
  6)歩行のエネルギー論
 3.歩行の神経制御
  1)高位中枢による制御
  2)脊髄による制御
  3)ヒトのCPG
  4)歩行中の反射の役割
  5)歩行中の伸張反射強度の調節とその機能的意義
  6)歩行の筋シナジー

Pre2章 2章を読む前に知っておきたい
 日本の脊髄損傷者の現状
 損傷高位と機能的帰結
 神経学的診断
 脊髄損傷後の合併症・生活習慣病

第2章 歩行ニューロリハビリテーションの基礎-ヒトの運動制御機構-
 1.運動の制御機構
  1)筋
  2)脳による運動制御
  3)反射運動の神経機構

第3章 中枢神経の可塑性と運動学習
 1.一次運動野の可塑性
 2.脊髄の可塑性
 3.トレッドミル歩行トレーニングの効果について
 4.パラリンピアンにみる脳の可塑性
  1)パラスイマーの例
  2)義足の幅跳び選手の例
  3)ニューロリハ的意義について
 5.運動の学習
  1)小脳・大脳基底核の役割
  2)身体の記憶(motor memory)
 6.ニューロモジュレーション
  1)脊髄硬膜外刺激
  2)経皮的脊髄電気刺激

第4章 歩行トレーニングの実際
 1.免荷式トレッドミル歩行トレーニングの理論と実際
  1)免荷式歩行トレーニングの理論
  2)免荷式歩行トレーニングの実際
 2.歩行装具を用いた歩行トレーニング
  1)完全対麻痺者の歩行訓練
  2)より実際的な問題
 3.水中歩行トレーニングの理論と臨床
  1)水の特性
  2)水中運動時の生理的反応
  3)水中歩行のバイオメカニクス的特性
  4)水中ポールウォーキング

第5章 高齢者・障害者の健康・体力の保持増進と運動
 1.加齢と歩行の変化
  1)認知機能と歩行
  2)歩行が脳に与える影響
 2.障害者の健康維持の問題
  1)障害者の生活習慣病・二次的障害の実態
  2)障害がある人のための運動処方
  3)各種障害とその運動指導
  4)Adapted Physical Activity, Adapted Sports

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ