2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
海の日,スポーツの日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

トップ > 雑誌 > 保健の科学 > 61巻 > 11月号 > 保健の科学61巻11月号「患者・市民が参画する医療研究」

保健の科学61巻11月号「患者・市民が参画する医療研究」

保健の科学61巻11月号
2019年11月
価格 : 1,210円(税抜1,100円)
数量
 

送料:500円〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

巻頭のことば

チームオレンジ

      藤林 慶子(東洋大学教授)

特集 患者・市民が参画する医療研究

臨床研究等における患者・市民参画に関する動向

 ―用語の定義をめぐる苦悩を中心に―

      武藤 香織(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター公共政策研究分野教授)

精神科医療への患者・市民の参加

      宮本 有紀(東京大学大学院医学系研究科精神看護学分野准教授)

「経験ある被験者」の養成とその必要性

      東島  仁(山口大学国際総合科学部准教授)

患者・家族・市民向け情報をどのように選んで発信するか

 ―『がん情報サービス』での取り組み―

      高山 智子(国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報提供部部長,

             東京大学医学系研究科社会医学専攻がんコミュニケーション学連携講座准教授)

患者の視点に立った専門家や市民への啓発活動

      天野 慎介(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン理事長)

市民にとっての模擬患者という参画手段

      佐伯 晴子(一般社団法人マイインフォームド・コンセント理事長)

希少・難治性疾患分野における研究への患者参加・参画

      江本  駿(特定非営利活動法人ASrid研究員)

連載 住環境と子どもの健康

住環境と母子保健

      織田 正昭(東京家政大学大学院客員教授)

連載 免疫を知る

免疫力を高める栄養と食事

      高増 哲也(神奈川県立こども医療センターアレルギー科医長)

フィールド・レポート

中学生の座位時間と腰痛の関係

      増田 一太(国際医学技術専門学校理学療法学科,

             立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構)

      塩澤 成弘(立命館大学スポーツ健康科学部)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ