2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

トップ > 雑誌 > 体育の科学 > 69巻 > 12月号 > 体育の科学69巻12月号「身体重心のとらえ方と使い方」

体育の科学69巻12月号「身体重心のとらえ方と使い方」

体育の科学69巻12月号
2019年12月
価格 : 1,155円(税抜1,050円)
数量
 

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集 身体重心のとらえ方と使い方

客観的な重心と主観的な重心

  深代 千之(東京大学大学院総合文化研究科教授)

身体重心からみたよい動き

  阿江 通良(日本体育大学スポーツ文化学部教授)

揺らぎ続ける身体

 −足圧中心のダイナミクス−

  工藤 和俊(東京大学大学院情報学環准教授)

  岡野 真裕(立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)

外乱から立ち直る時の重心

  笹川  俊(神奈川大学人間科学部准教授)

新体操における重心と姿勢

  橋爪みすず(長野県伊那西高校,日本女子体育大学非常貴勤講師)

  高橋 弥生(桜美林大学非常勤講師)

  清水 花菜(日本女子体育大学)

  中澤  歩(上智短期大学非常勤講師)

  石 朔子(日本女子体育大学学長)

長距離走の動作と重心

  榎本 靖士(筑波大学体育系准教授)

理学療法のスポーツ動作への対応における重心のみかた,とらえ方

  小林 寛和(日本福祉大学健康科学部リハビリテーション学科理学療法学専攻教授)

  宮下 浩二(中部大学生命健康科学部理学療法学科教授)

  岡戸 敦男(トヨタ自動車株式会社リコンディショニングセンターセンター長,公益財団法人スポーツ医・科学研究所)

重心を意識した指導法

  佐藤 晃一(日本バスケットボール協会スポーツパフォーマンス部会部会長)

連載 女性アスリートの今とこれからを支える― 6

女性アスリートのさらなるサポート体制の構築

  村上 洋子(国立スポーツ科学センター)

  土肥美智子(国立スポーツ科学センター)

連載 集団運動を科学する― 1

どこまで集団運動を解明できるのか

  藤井 慶輔(名古屋大学大学院情報学研究科助教)

学会レポート

日本体育学会第70回大会傍聴記−バイオメカニクス領域を中心に−

  佐野加奈絵(森ノ宮医療大学保健医療学部鍼灸学科スポーツ特修コース講師)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ