2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
海の日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
山の日
 

トップ > 書籍 > 公衆衛生 > 実践グローバルヘルス −現場における実践力向上をめざして−
書籍 > 医学・看護 > 実践グローバルヘルス −現場における実践力向上をめざして−

実践グローバルヘルス −現場における実践力向上をめざして−

編:日本国際保健医療学会
B5版・256頁
ISBN 978−4−7644−0541−7
2022年4月10日

 本書は「国際保健医療学 第3版」の改訂版であり,今回の改訂にあたり時流に合わせて書名を「実践グローバルヘルス」と改題しました.
 新型コロナウイルスをはじめとする感染症,生活習慣病,精神疾患,貧困による栄養問題など,世界では人々の健康問題が複雑化しています.そのため,世界の健康問題を考えるとき,従来の医学・看護学・保健学に加えて,環境学,教育学,経済学,社会学など,多分野・多職種による協働が欠かせません.グローバルヘルスとは,世界の人々の健康を守るための多分野にまたがった視点であり,本書では,グローバルヘルスを実践するために必要な基礎知識,実際の具体例などを盛り込みました.
 世界の人々の健康問題に携わる研究者,援助関係者,グローバルヘルスを担う学生にお薦めの1冊です.
価格 : 3,080円(税抜2,800円)
数量
 

送料:495円〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
本書の使い方
第1章 グローバルヘルス総論
機.哀蹇璽丱襯悒襯垢箸

 1.グローバルヘルスの共通定義
 2.続出するグローバルヘルスの定義
 3.グローバルヘルスは何のため?
 4.原体験としての社会正義
 5.グローバルヘルスの脱植民地化
 6.グローバルヘルスの疫病:腐敗
供.廛薀ぅ泪螢悒襯好吋
 1.基礎知識(プライマリヘルスケアの歴史と理念)
 2.応用例
 3.PHCに関するコンピテンシー
掘.潺譽縫▲牾発目標(MDGs)から持続可能な開発目標(SDGs)へ
 1.開発援助としての「ミレニアム開発目標(MDGs)」
 2.開発と環境アジェンダの統合としての「持続可能な開発目標(SDGs)」
 3.具体例:ガーナでの栄養分野における持続可能な健康社会の構築
 4.SDGs実現のために必要とされるコンピテンシー

第2章 グローバル保健政策と健康の決定要因
機.哀蹇璽丱襯悒襯垢砲ける政策課題の変遷

 【総 論】
 1.ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ
 2.パンデミックと公衆衛生危機
 3.ワンヘルス,エコヘルス,プラネタリーヘルス
供ー隻舵蕾
 【総 論】
 1.世界の感染症
 2.世界の非感染症
掘〃鮃の決定要因
 【総 論】
 1.健康の社会的決定要因と健康格差
 2.健康の生態学的決定要因,プラネタリーヘルス

第3章 文化・社会的コンピテンシー
 【総 論】
機^緡顛洋牾
 1.医療人類学とは何か    
 2.多元的医療の世界に住む私たち
 3.グローバルヘルス実践における医療人類学の役割:応用と批判
 4.健康と病気の事例:医療人類学的考察
 5.医療人類学的視座を実践の場で活かすために必要な能力
供.悒襯好灰潺絅縫院璽轡腑
 1.基礎知識(現状)
 2.応用例(具体例)
 3.グローバルヘルスの実践に必要な能力
掘.瀬ぅ弌璽轡謄
 1.ダイバーシティ
 2.ジェンダー
 3.SOGI
 4.障害者
 5.エイジズム
検.哀蹇璽丱襯悒襯垢侶从儚
 1.保健・医療の経済学とは?
 2.グローバルヘルスへの応用例
 3.グローバルヘルスの実践に向けて

第4章 グローバルヘルス・ガバナンスと協調
機.哀蹇璽丱襯悒襯后Εバナンス

 【総 論】
 1.グローバルヘルス外交
 2.グローバルヘルス・リーダーシップ
供.哀蹇璽丱襯悒襯垢涼瓦ぜ蠅範携・協力
 【総 論】
 1.国際機関とその役割
 2.二国間協力機関とその役割
 3.市民社会とその役割
 4.民間企業とその役割
 5.大学・研究所とその役割
 6.社会起業家・ソーシャルビジネスとその役割

第5章 プロジェクト・マネジメント
機.廛蹈献Дト・マネジメント

 【総 論】
 1.研修マネジメント
 2.情報システム管理
供〇業評価
 1.事業評価の基本的枠組み
 2.応用例(JICAの事業評価)
 3.グローバルヘルスの実践に必要な能力(事業評価)
掘/雄牾発事業の事例から学ぶ
 1.保健人材に関する基礎知識
 2.事業の事例    
 3.ポストコロナの時代とグローバルヘルス実践に必要な視点
検―嗣瓜臆
 1.コンセプト・基礎知識
 2.事例(応用事例)
 3.住民参加実践のためのコア・コンピテンシー

第6章 倫理と人権
 【総 論】
機〃鮃と人権
 1.健康権
 2.健康と人権との関係
 3.人権を基盤としたアプローチ:グローバルヘルス戦略および実践におけるポイント
供/祐屬琉汰簡歉
 1.人間の安全保障とは
 2.人間の安全保障の時代背景
 3.人間の安全保障と人権
 4.グローバルヘルスと人間の安全保障
 5.「新しい世界」における人間の安全保障の実践
掘仝Φ耄冤
 1.グローバルヘルスにおける研究倫理の重要性と関連指針
 2.人を対象とする健康関連研究の国際的倫理指針(CIOMSガイドライン)
 3.グローバルヘルス研究に関するそのほかの倫理的課題
 4.国際共同研究と海外での研究倫理審査受審
検^槎韻侶鮃
 1.「移民」とは
 2.「移民の健康」とは
 3.世界における具体的な取り組みの事例
 4.「移民の健康」と深く関連する社会保護
 5.日本国内の現状と取り組み
 6.実践に必要なコンピテンシー    

第7章 実践に役立つ研究手法
 【総 論】
機[姪研究
 1.リサーチ・クエスチョンを決める
 2.データを入手する
 3.調査対象者を選ぶ
 4.データを収集する
 5.データを分析する
供ー租研究
 1.質的研究の目的・特徴
 2.質的研究の手法
 3.研究倫理
 4.論文執筆・投稿の留意点
掘ー汰研究
 1.実装研究とは何か
 2.実装研究の代表的な理論的モデル
 3.実装戦略
 4.実装戦略の評価
 5.グローバルヘルスにおける実装研究の実際
 6.グローバルヘルスにおける実装研究で必要なコンピテンシー

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ