2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日
建国記念の日
建国記念の日振替休日
天皇誕生日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
春分の日
 

トップ > 雑誌 > 子どもと発育発達 > 20巻 > 3号 > 子どもと発育発達Vol.20 3号「将来の健康につながる子どもの生活習慣」

子どもと発育発達Vol.20 3号「将来の健康につながる子どもの生活習慣」

子どもと発育発達Vol.20 3号
2022年10月
価格 : 1,870円(税抜1,700円)
数量
 

送料:495円〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集 将来の健康につながる子どもの生活習慣


発育発達研究のエビデンスと生活習慣の持ち越し効果

      田中 茂穂(女子栄養大学栄養学部身体活動・代謝研究室教授)


人生最初の1000日と生涯にわたる健康

      青山 友子(医薬基盤・健康・栄養研究所栄養疫学・食育研究部特別研究員)

      瀧本 秀美(医薬基盤・健康・栄養研究所栄養疫学・食育研究部部長)


子どもの栄養障害を予防改善する食支援

      西本裕紀子(大阪府立病院機構大阪母子医療センター栄養管理室室長)


子どもの食生活の実態と学校給食の役割

      石田 裕美(女子栄養大学給食・栄養管理研究室教授/栄養学部長)


子どもの睡眠・生活リズムやその後の健康に及ぼす影響

      有竹 清夏(埼玉県立大学健康開発学科准教授)


子どもの身体活動がその後の健康に及ぼす影響

      笹山 健作(三重大学教育学部准教授)


子どもの体型がその後の健康に及ぼす影響

      冨樫 健二(三重大学教育学部保健体育科教授)


発育発達状況を踏まえた運動部活動と食事

      上西 一弘(女子栄養大学栄養生理学研究室教授)


Keynote

日本発育発達学会の20年と発育発達研究のこれから

      大澤 清二(大妻女子大学名誉教授)


連載 発育発達研究のための統計セミナー 第9回

RStudioを使用した重回帰分析〜エピソード5〜

      西嶋 尚彦(筑波大学体育系教授)

      安藤  梢(筑波大学)

      松岡 弘樹(筑波大学)


連載 近接領域学会の研究動向 第3回

日本睡眠学会の子どもの睡眠に関する研究動向

      福田 一彦(江戸川大学社会学部人間心理学科教授/江戸川大学睡眠研究所所長)

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ